こんばんは。いとうです。

またもやマニアックなネタになりそうです。

でもきっと子供たちは大好きな感じです。

トマトやナスなど、暑い時期に育つ野菜を育てようと思うと、

春先にはある程度の大きさにしておかなくてはなりません。

だからといって、冬に畑に種を蒔いても

まだまだ寒いので発芽や生育に必要な温度にならず育ちません。

それで、ハウスなどを使って育苗するのですが

畑の隅でも苗を作れる

落ち葉と米ぬか、水を使ったエコな温床育苗なる方法があります。

四方を囲って、その中を落ち葉と米ぬかでミルフィーユ状にしながら

都度踏み踏み。しばらくすると、発酵しじんわり発熱してくるそうです。

この踏み踏みするの、絶対子どもたち好きでしょう!

落ち葉なら…!九華公園さんにたくさんあるし…!

と思ったけど問題は米ぬかです。

実家は玄米を都度精米しているので毎日ぬかは出るけれども、

これはヤギじいがヤギたちに食べさせているのです。

ヤギのごはんを奪いたくはないしなぁ…。

地元のスーパーの精米コーナーの米ぬかも

なかなか入手困難らしい。

きっと使い道がいろいろあるんでしょうね。

いろんな人がエコな活動をしてるってことかな。

それはそれで喜ばしいことですよね。

米ぬかの代わりにもみ殻でもいいのかしら。。

ちょっと調査の旅に出ます(ネットサーフィン)。

ご存知の方はぜひ教えてください~。


スポンサーリンク

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください